日本と海外との対等価交換

「日本にディズニーランドがあるんだから、海外にマンガランドがあってもいいじゃないか!」

そう言い続けて20年 。

今やマンガにとどまらず、日本の他業種にも強く感じるようになりました。

ヒューモニーは、素晴らしい日本を正しく海外に伝えるため、皆様とともに考え、ともに歩んでいきます。

日本と海外との対等価交換

「日本にディズニーランドがあるんだから、海外にマンガランドがあってもいいじゃないか!」

そう言い続けて20年 。

今やマンガにとどまらず、日本の他業種にも強く感じるようになりました。

ヒューモニーは、素晴らしい日本を正しく海外に伝えるため、皆様とともに考え、ともに歩んでいきます。

Message

時代は確実に変化しています。
そして、世界はその変化に対応しながら成長しています、何も言わないでも当然のこととして。

翻って日本ではどうでしょうか?
皆がみな声を枯らして「国際化」「インバウンド」「未来投資」と言い続けています。誤解を恐れずに言うと、いまや「グローバル」を臆面もなく叫んでいる先進国は日本だけです。

しかし、私には本当に強い国際競争力が培われているとはどうしても思えないのです。国際経済力、国際政治力、どちらも脆弱です。

なぜか?

「本気じゃないから」。
この一点に尽きるでしょう。

国内のセーフティーゾーンにとどまりながら声だけ理想を掲げていても、つまり、グラウンドに降りず観客席から聞こえのいいセリフを吐いていても、真の国際競争力は身につきません。故に、人が育つわけもありません。結果、せっかくいいもの、世界に誇れる競争力を持ちながら、本来であれば線にし面にできるはずのパワーが、いつまでたっても点のままで無駄に時間が過ぎていきます。世界のすべての国が上向きの螺旋にある中、日本だけが沈んでいく渦に巻き込まれている気がしてなりません。

私は評論家でも研究者でもなく、普通のビジネス実務家です。ただ、仕事の関係で、運良く15年をアメリカで7年をフランスで過ごせ、生活含めて欧米を肌で感じることができました。

海外に住んでいるうちに、日本のことがどんどん好きになりました。同時に、日本の良さが正しく伝わりきっていないことにもどかしさを感じるようにもなりました。

当たり前ですが、日本はどの国と比しても引けを取りません。私はそれを証明したい。ただ、そのためには世界にアピールする方法論を変えていく必要があります。 自信を持って堂々と、決定は迅速に。それをまずは自らが実践していくことに決め、日本へ戻ってきました。

ヒューモニーでは、上記のような意識変革を最重要改善課題と捉え、日本を正しく世界へ届け、そして世界の人々を日本へ迎え入れる活動に携わっていきます。

真の国際化を目指し、真の国際人を養成すべく、あらゆるジャンルに挑戦していきます。欧米22年の経験のすべてを、日本の、間違いなく明るい未来のために注ぐことをお約束します。

心ある方々からの温かい応援をいただき産まれた会社です。志を強く持ちながら、同時に人の輪を大切にし、礼節を重んじ、皆様とともに歩んでいけたら幸せです。

2019年3月26日

株式会社ヒューモニー代表取締役
成田兵衛

About

ヒューモニーとは

「ヒューマン・ハーモニー」の造語です。英語だとHumony(Human Harmony)。
そこに、ユーモア(Humour)とビジネス(Money)のエッセンスも加えて。

Company

[社名]

株式会社ヒューモニー
Humony International, Inc.

[本社所在地]

〒166-0012 東京都杉並区和田1-17-6 小松本店ビル3階

[設立年月日]

2019年3月26日

[発起人の総数]

4名

[役員]

代表取締役
成田兵衛(Hyoe NARITA)
hyoe.narita@humonyinter.com
携帯電話:080(9709)1832

[顧問]

鍋田吉郎(Yoshio NABETA)
yoshio.nabeta@humonyinter.com

[事業内容]

  1. マンガ他出版物の企画、制作、販売
  2. 各種コンテンツの企画、制作、販売
  3. 著作権・肖像権の管理(国内外)
  4. 海外ビジネス代行、サポート、コンサルティング
  5. 人材育成のための事業(国際編集者養成など)
  6. 国際文化振興に関する企画、運営、実施(マンガ海外イベントなど)
  7. スポーツに関する科学、教育、支援、イベント(インバウンドのキャンプなど)
  8. アーティストの管理、運用
  9. 地方創生に絡んだ国際事業
  10. バカンスに関連する各種事業、セミナー
  11. 不動産の売買、仲介並びに賃貸
  12. 飲食店及び店舗運営

[お問い合わせ]

☎︎03(5328)3070
info@humonyinter.com

Profile

成田兵衛(Hyoe NARITA)

1988年
慶応大学商学部卒業。

1988年
小学館入社。
月刊ファッション雑誌CanCam配属。
1991年
隔週刊ティーン雑誌プチセブンに異動。
1994年
週刊マンガ雑誌ビッグコミックスピリッツに異動。

1996年
渡米。
サンフランシスコの小学館関連会社、VIZ Communications, Inc.に転籍。
1997年
北米月刊マンガ雑誌PULP創刊。アニメ雑誌Animerica創刊。
1998年
Editorial Directorに。スタジオジブリ関連書籍の北米出版。マンガ新世紀エヴァンゲリオンの北米出版。
1999年
ポケモン関連書籍の北米出版。ポケモンアニメVHSの北米出版。
2000年
Vice Presidentに。マンガ「バガボンド」(井上雄彦)の北米出版。小学館プロダクション・とっとこハム太郎関連書籍の北米出版。
2002年
北米版「SHONEN JUMP」創刊。初代編集長。
2003年
Executive Vice Presidentに。集英社が資本参画、VIZ, LLCに。交渉、及び設立。
2004年
ナルト、ワンピースなど大型アニメ作品の権利獲得。
2005年
小学館プロダクションが資本参画、VIZ Media, LLCに。交渉、設立。北米少女マンガ雑誌「Shojo Beat」創刊。
2006年
英国をライセンスから自社出版に移行。英国ディストリビューターとの交渉。
2008年
VIZ Media Europe社設立(本社パリ)。それに伴い約5か月パリに長期出張、出版ライセンス部門設立。
2009年
欧州出版社とのライセンスビジネス強化。
2010年
アニメイト傘下のリブレ出版とマンガ英語版配信共同新事業開始。

2011年
渡仏。
VIZ Media Europe, sarlのPresidentに就任。フランス、ドイツ、スイスの関連会社責任。欧州、中東、アフリカ、一部南米統括。
2012年
細田守監督作品「おおかみこどもの雨と雪」他、細田3作品獲得。ドラえもん商品化権運営。
2013年
自社Eコマースサイト「Genki Store」開設。自社配信サイトA.D.N.開設。ワンピースDVD発売。
2014年
新海誠監督作品「言の葉の庭」他、新海5作品獲得。ドラゴンボール、セーラームーンDVD発売。
2015年
妖怪ウォッチ欧州全権利(除ゲーム)獲得。
2016年
マンガ妖怪ウォッチ仏独語版発売。
2013年〜2016年
在仏日本商工会議所副会頭(3期)。

2017年
VIZ Media Europe, sarl退職。

2018年
帰日。
新潟・開志専門職大学(2020年4月開学)アドバイザーに就任。
バカンス研究所・主任研究員3に就任。

2019年
株式会社ファンタジスタ(3DCG、AR/VR、海外マンガ配信Manga Planet)取締役会長に就任。
株式会社ヒューモニー設立、代表取締役に就任。
外務省・パリ国際大学都市日本館館長選考委員に就任。

Contact

Others

in the loopの企業・団体一覧

株式会社ファンタジスタ
取締役会長

03(6907)3015(東京事務所)
hyoe.narita@fantasista-net.jp
https://fantasista-net.jp

開志専門職大学(2020年4月開学)
アドバイザー

025(365)1616
naritahyoe0303@gmail.com
https://www.kaishi-pu.ac.jp

バカンス研究所
主任研究員3

hyoe@vacalabo.com